【リフレーミングスタイル】今日のテーマは発達障害です!

Pocket

おはようございます

今日もよろしくお願いします❗️

ということで、本日のリフレーミングテーマですが、

やっぱり、これでしょ!

発達障害

まぁ、僕としてはそもそも障害という認識はないですけど

ただ、字の書き方を変えたとしても発達障害は発達障がいです。

なので、せっかくなので、呼び方自体をリフレーミングしちゃいましょう‼️

ここからは僕の案ですが、

発達障害というのは視覚優位の子が多いと言われています。

特に、発達障害の支援施設で使われているのがクリップアートのような絵を使った支援をされていますね❗️

この方法が正しいかどうかはわかりませんが、それを使用しての学習法に長けていると言われていますので、

発達障害ではなく、超視覚的学習児といってみてはどうでしょうか?

まぁ、意味合いとしては視覚的学習を得意としている点と、

特にその視覚的な学習の捉え方が他の子たちよりも卓越しているという点で、超をつけてみました

僕の子供は超視覚的学習児なんだよね〜

みんなから、何それ❗️凄そう❗️

みたいに捉えられそうですよね❗️

他にも、いろんな人が理解できないけれど突出した能力があると言われていることもありますので、

私のフェイスブックにも上げましたが、

突出力‼️突き抜ける力‼️

ちょっとかっこよくいうと

プローティングポテンシャル‼️

なんてのもいいのではないでしょうか?

私の息子はプローティングポテンシャルを持ってるのよ

言ってみたいですね〜

まぁ、他にも前向きに捉えられる言葉に変えて、全力で使っていきましょう‼️

僕も実生活では、発達障害という言葉を記事には書いていますが

ほとんど使用していない感じです。

ただ他のお母さんがたから聴くと個性として捉えられるようにはしているということですが、

個性という単語で表すよりは、なんとなく前向きになれる言葉を使っていきましょう‼️

そうすれば、自然と貴方だけでなく、息子さん、娘さんのステートも変わってきますからね

では、次の記事を楽しみにしてもらえたらと思います〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です