【コーチング】一回子どもの真似をしてみましょう!【親子の絆】

Pocket

前回の記事で親と子の絆について書いたと思いますが、実は親と子の絆を簡単に作るある方法があります!

その方法は・・・

相手の『子どもの真似』をするという事です!

真似というのは、顔の表情や、仕草、遊び。

可能であれば、口調や会話のテンポ、テンション、方言なども真似てみてください。

全く同じ言葉を使うと、反発を受ける可能性が高くなるので、その点は少し控えた方が良いかもしれません。

ただ、その他の行動に関しては合わせてみると良いと思います。

これは大人でも効果があります。

全く同じタイミングや同じ動作をやることで、効果がえられる場合もありますが、それは乳児期ならいいと思いますが、他の時期に関しては嫌悪感を抱かれやすいので、

相手と同じような感じで真似をする。

また、相手を真似るまでに少し(2秒~4秒)時間差をあけるという事が大事です。

こうすることで、はっきり言って、どの年齢の人とも親しくなれますし、最初はこちらが真似ていますが、いつの間にか、こちらが別の事をすると、相手がこちらの事を真似る状態も作り出すことが出来ます。

そうなることで、相手との絆が生まれます。

これが簡単な絆を作り出す方法です!

まぁ、他にもたくさん絆を作る方法がありますが、この記事ではこのくらいにしておきます~

もしよければ実践してみてくださいね!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です