【発達障害】小島慶子さんは発達障害だと分かってほっとしたようです【受け入れる事】

Pocket

小島慶子さんというTBSアナウンサーをやられていた方がいますが、この方はADHDだったそうです。

ただ、実際過去に

  • 落ち着きがない
  • 常にもじもじして、じっとしていられない。
  • 声を出してはいけないところで出してしまう。
  • グネグネする。
  • 嫌なことに耐性がまるでなくて、受け流すことができずにすねて周囲を困らせる。
  • かんしゃくを起こす。
  • 駄々をこねる。

などをされていたそうです。

ただ、徐々に成長するにつれてそれを治そうと思ってもなかなか治らないというかなり大変な思いをされてきたそうです。

ですが、『発達障害』と診断されることで、脳の病気であり、自分を受け入れることが出来たという事でした!

みんなと同じになる必要はない。

それで、ほっとしたそうです。

発達障害のとらえ方は人それぞれですが、実際、結構思い悩む方はたくさんいらっしゃいます。

ですので、あなたも親として悩みすぎず、お子さんの悩みに対して親身に傾聴し、一緒になって解決してあげるための方法を考えるのも良いかもしれません。

また、受け入れてあげてください。

それが、最もお子さんが安心してくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です