【コーチング】負のスパイラルに繋がるパターンを壊そう!【発達障害改善】

Pocket

皆さんの家庭では負のスパイラルに陥っていませんか?

実際知らないうちに負のスパイラルにはまっている人います。

例えば、以前の僕のパターンでいうと

息子が真面目に勉強をしない

イライラする

怒ってしまう

息子がやる気をなくす

息子が真面目に勉強をしない

みたいな負のスパイラルが起きていました。

他のパターンでもよくありますよ!

急いでいるとき

子供がダラダラする

ダラダラしないように怒る

泣いてさらに時間がかかる

さらに急ぐ

上に記載したようなことはよくありますよね?

こう言った場合にコーチングではパターンを壊します。

例えば一つ目の例で親が関われる場所としては、

『怒ってしまっているところ』ですよね!

だからここを息子にとってモチベーションが上がるような行動に変化させます。

私の場合には、

あ、じゃあ、今からしっかりと姿勢良く座って、10分間集中して勉強できたら、この後パパとポケモンのカードゲームしようか。

はい、これだけで息子のやる気はめちゃめちゃ上がって、真面目に取り組むことができました。

また、子供なので真面目というのも良くわかってない事があるので、具体的に何をやれば真面目になるのかを噛み砕いて説明してあげると、理解度も上がり、真面目とは何かということも理解できるようになってきます!

ちなみにこのパターンを壊す方法は、コーチングでいうと、息子の世界観を理解した上で、息子にとってのレバレッジ(やる気スイッチ)を知った上でやるからこそ、効果があります!

あと、上の二番目の例は、自分で考えてみると良いかもしれませんね〜

ポイントは、

モチベーションアップ !

やりたくなる行動!

怒らずに伝える事!

これさえ守れば、あなたは負のスパイラルから素晴らしい正のスパイラルに変化させることができますよ!

やってみてくださいね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です