【幸せホルモン】小さいころに愛情を高めるハグの魔法【オキシトシン】

Pocket

あなたはハグの習慣がありますか?

僕はハグの習慣を子どもと作っています!

ちなみに奥さんとは・・・

まぁ、それは置いておいて、小さいころならハグという魔法が使えます!

ちょっと大きくなると気恥ずかしくなったりしますよね~

まぁ、実は年齢は全く関係ないです。

相手が大きくなってもOKを出してくれるならハグは本当にするべきだと思います!

ただ、子どもの頃の方がしやすいのは確かです。

もしよければハグをやってみてくださいね~

ハグの素晴らしい効果とは

ハグはオキシトシンと言う愛情ホルモンが出ます!

このオキシトシンと言うホルモンはほんと凄いですよ!

  • 幸せになる
  • 日々のストレスが少し解消される
  • 不安や恐怖心が減る
  • 他者への信頼の気持ちが増える
  • 人とのかかわりへの好奇心が増える
  • 親密な人間関係を結びたいという気持ちが高まる
  • 学習意欲や記憶力が上がる
  • 免疫機能を上げる

こんな素敵な効果が目白押しです!

不安や恐怖心の軽減や他社への信頼感、人との関わりと好奇心が高まるというのは、嬉しい効果ですよね~

しかも親にもとても良い効果があります!

ハグをすることによって起こる親への素敵な効果

ほんと、これは大事だと思う3つの効果を挙げます!

  • 子どもへの愛情を更に注げるようになる
  • 子育ての不安の軽減する
  • 幸せホルモン(オキシトシン)が分泌されて親子の絆が強くなる

ほんと、やばい。

子育てはハグで乗り切れる可能性も出てきますね!

ただ、気を付けて欲しいのがハグを毎回受け入れてもらえる訳ではないかもしれないという事です!

いやいや期は意外とハグを嫌がります。

ショックを受けないでください。

そういう時はしょうがないと諦めましょう!

無理してすると、逆効果ですからね~

ここまで、書いてきましたが、ハグは本当に素晴らしいものです。

また、私の場合には、ハグするときに「大好き~~」と言いながらハグします!

ハグだけでも恥ずかしいのにそんなこと言えるわけと思っているそこのあなた!

慣れです(笑)

まぁ、してくださいとはいいませんが、してみても良いかもしれませんよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です