【発達障害】注意欠陥・多動性障害と言われている子供と健常児の違いと改善について【特徴】

Pocket

注意欠陥・多動性障害というのをご存知ですか?

いわゆるAD(注意欠陥)HD(多動性)と英語で表記されることが多いです。

この二つはちょっと違いますが、良く合わさっていることが多いので、同様の分類となっています。

ですので、まずは、ADHDの特徴について知りましょう!


ADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴 と改善目標

そんなに難しく考える必要はないです。

健常児との違いや特徴としては、

  • 集中できない
  • じっとしていられない
  • 衝動的な行動

というのがありますが、『落ち着きが無い』とシンプルに考えて頂ければと思います。

ただ、落ち着きが無いというのを行動力があるという風に捉えてみてはいかがでしょうか?

行動力がある人を想像してみてください。

皆のリーダーだったり、何でもできる人であったりと結構良いイメージがありませんか?

ですので、行動力がある事をいかして、将来成功するためにはどのような事をサポートしてあげれば社会生活を送れるのでしょうか?

それを考えた上で、注意欠陥多動性障害の改善を目標としていくのが良いかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です