【発達障害】学習障害の子と健常児の違いと改善について【特徴】

Pocket

あなたはあなたの子どもが学習障害と聞いて悲しい気持ちになっていませんか?

ただ、診断された、読み書きがうまくできないという認識だけで将来に関して諦めていないでしょうか?

実は私の知り合いにもディスレクシアをもった女性の方がいます。

その方は携帯電話(スマートフォン)などの文章を読むのに気合を入れて読まないとかなり大変だという事を言われていました。

ただ、現在その方はとても素敵な旦那さんと結婚し、素敵な家庭を気づくことが出来ています!

素敵ですよね!

また、その方が過ごしてきた時期よりも現在はかなり学習障害に関連した研究が進んでいます。

また、ディスレクシアの方に合った文字の書体などがかなり研究されており、その研究によってかなりの読み書き障害の方の学習が進んできている現状があります。

更には、トム・クルーズやスティーブン・スピルバーグという方々をご存知ですか?

有名な海外の俳優や映画監督なので知っている人も多いと思いますが、その二人も学習障害だと言われています。

ほら、学習障害の成功者の方はいるんです!

だから、心配しすぎる必要はないんです。

確かに普通に小学校に入るというわけではなく、学習をしやすくするために支援学校に入るという必要はありますが(個人の選択なので入らなければいけないわけではありません)、あなたはそのお子さんの将来の幸せを願っているんですよね?

だったら、今少しかわいそうだという考えを持つのではなく、「将来はこの子は絶対に幸せになる!」そのために、今は何度も訓練したり練習したりするんだ!と思って、行動してもらえたらと思います。

学習障害は親の協力は不可欠ですが、改善は可能です!

そう信じて、将来悲観せず改善について考え行動していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です