【発達障害改善】本日の小学校で伸びる子ドリルの上級はやはり難しい様子【取り組み】

Pocket

小学校で伸びる子ドリル上級

本日小学校で伸びる子ドリル上級1に初チャレンジしました!

初めてのチャレンジもあって、10ページやると決めてやりましたが、以前よりも難しくなっていることもあり、結構進みが遅く、結果的に10ページやるのにかかった時間は食事前後で合わせて1時間ほどになりました。

実際、その小学校で伸びる子ドリルの関連は一問に何分かけるのかという事が決まっているので、時間を決めてその規定の分で達成できない場合には、規定時間を超えても何とか出来るまでするようにしています。

こういうのはやった経験、乗り越えた経験が大事だと思っているので、目標達成できるまでは何時間かかろうとやりきるようにしています!

また、今日も「10ページやる」とやる前に目標を立てたので、それを達成するまではやめない姿勢で取り組みました!

まぁ、分からない問題が多いせいもあって、7枚目くらいを超えたあたりから少しへばっていましたけど(笑)

ただ、「自分で10ページやるって決めたよね?途中で辞めてもいいけど、どうする?」と聞いたら、「やる!」と言った(言わせた感じはありますが)ので、最後までやり遂げました!

それを達成した時にはハイタッチをし、また、終わった後はNintendo Switchのポケモンピカチュウをやって満足したみたいです!

これが、一応今日の流れでした!

この記事を読んでいただいているみなさんは、子どもとやると決めた課題をこなすときにどんな方法をとりますか?

もし、工夫していることがあればコメントで教えてもらえたら嬉しいです!

あと、一応うちの家庭(というか僕のやり方)では

  • やる目標を子どもと決める!(どんなに私たちにとって少ない課題をこなすという事でも最初は自分で決めた事をやりきる)
  • やりきった後はむちゃくちゃ褒める!
  • 次はどれだけやるのかを、今回決めた数よりも同じか少し多くやってみるような目標を立てる。(少しずつでも良いので一歩一歩成長するように)
  • その為の時間を最優先で確保する!(なんとなく後回しにしてしまうとやらなくなってしまう可能性があるので、必ずやる時間を作り出す。)

というコーチング的なやり方と優先順位の決定という方法をとっています。

もし、参考になりそうなことがあれば、上に書いた方法を使ってみてくださいね~

また、使ってみたら、どんな感じの反応がえられたのかコメントで教えてもらえたらと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です